加水分解ケラチン

表皮の角質層や毛髪、爪などに含まれるケラチンタンパク質のシスチン結合を切断しさらに酸、アルカリ、酵素などで加水分解したもので、いわゆるケラチンPPTです。アミノ酸の構成でイオウを含むシスチンが大量に含まれています。

同じケラチンたんぱく質からできている皮膚や毛髪に対してなじみやすく、保湿性の保護膜による皮膚や髪、爪のコンディショニング剤として使用されます。 毛髪の損傷部に浸透したり表面を保護し、髪にハリとコシを与えます。また、皮膜剤、界面活性剤としてや、感触改良や肌荒れ防止のためにも使われます。

数百の低分子ケラチンから数万の高分子ケラチンまであり、 低分子の物は毛髪に浸透しやすいが流出しやすく、 高分子の物は一度毛髪内に入れば効果が持続しやすいといわれています。

水溶液は淡黄色〜褐色で、いずれもわずかに特異なにおいがあります。

>>成分一覧に戻る